見出し文字の指定

このページではwordpressで見出し文字を指定する方法をご説明いたします。

wordpressでは、初心者でも執筆しやすいように、あまり複雑なタグは出てきません。

とくにビジュアルタブしか使わないユーザーには、太字とイタリック程度は分かっても、あとは触ったこともないというケースが頻繁にあります。

本ページでは、見出し文字 = htmlでいうところのヘッダータグの使い方をご説明します。

ヘッダーとは

ヘッダーとは、見出し文字をあらわし、その機能は、

  • 視覚的に大きく見やすい文字
  • 文章の内容を一言でまとめた抜粋

という機能があります。


とくに、忙しい昨今では、段落なしの長文は、視聴者からすれば、

「目にしただけで別のサイトに行きます」 (翻訳しますと、「アバヨー」)

という動機をかきたてるだけの最悪のお人払い要素になりますので、適切な見出しと内容の区分は重要な作業になります。

実際の指定方法

見出し文字の指定方法

見出し文字の指定方法




画像中で、
テキストタブを使います。


P-1の部分にご注目。


ヘッダーにしたい部分の左側と右側に、


かっこ h2 かっことじ
かっこ スラッシュ h2 かっことじ


を加えます。(実際のタグとして機能してしまうので、上記は読み方を記述してあります)


見出し文字は h1 から h6くらいまでありますが、 h1が一番大きい大見出しで、以降小さい見出しになっていきます。


具体的な見出しの使用方法はネット上にてご確認ください。

使用上の注意



本文中にはh1タグを使わないほうが無難です。
なぜなら、当該サイトのタイトルがh1タグで記述されているからです。


本文中にはh2以降のタグをネスティングに気をつけながら使用しましょう。


ユーザーが使用しているテーマによっては、見出し文字が必ずしも太字にならない場合がありますが、SEOの観点から適切な指定をしておけば問題ありません。

キャプションの編集

このページでは、wordpressで、本文に挿入された画像のキャプションを編集する方法をご説明いたします。

現在使われているwordpress 3.5.1 では、画像挿入直後はタイトルの項目が失われています。

これがシステムのバクなのか、実は便利な機能なのかは、ご使用されるかたの判断になりますが、ここでは、一度設定したキャプションを再編集する方法としてご紹介いたします。


caption2


画像挿入時に、タイトル、代替テキスト、キャプションの3項目を入力しても、タイトル部分だけは空白になっています。そこで、これを調整する必要がでてきます。

キャプション調整方法



caption1


本文中に挿入した画像をビジュアルタグでセレクトします。
画像のように色が変わり、見慣れないアイコンが二つ、画像の左上に登場します。


左側のアイコンは調整用のボタンです。
右側の駐車禁止のようなアイコンは、画像そのものを削除するためのボタンです。


左側の調整用ボタンを押します。


caption2

上の画像のように、対象画像の編集用ダイアローグが登場します。

必要な調整を施して、左下の更新ボタンを押します。

この際、画像に対するリンクなども削除することが出来ます。

単純な挿絵を出したい場合、その原画を表示する必要はないので、リンクurlの下の行にあるなしボタンを押してしまえば、画像は、ただの挿絵になります。

表示位置が左よりで、やっぱりセンタリングしたいなどの時には、ダイアローグ上部の詳細設定タブで指定することが出来ます。

調整を終えたら、忘れずに更新ボタンを押してください。