メニューの設定方法

このページでは、wordpressでメニューを作る方法についてご説明いたします。


メニューはカテゴリーと密接に関連していますので、サイトの管理を行われている方は、計画的に構築することを心がけてください。また、複数の管理者が居る場合は、カテゴリーとメニューについての打ち合わせを、定期的に持つことをお勧めいたします。


メニューの設定に失敗しますと、視聴者が二度と来ないサイトになってしまいますので、慎重に管理してください。

メニューの作成方法



menu1


ダッシュボード左側にあるメニューから、
外観 | メニューを選び、メニュー設定画面を出します。


menu2


図のP-1の部分にメニューの名前を半角英数字で入力します。
これが、これから設定するメニューの名前となります。
メニュー名は複数設定できますので、必要に応じてメンテナンスしてください。


メニュー名を入力したら、図のP-2の部分にある青いメニューを保存ボタンを押します。


menu3

メニュー項目の追加



現在はメニュー名は決まりましたが、中身は空なので、メニュー項目を追加していくます。
図のP-1 の部分にある固定ページの全てにチェックを入れてメニューに追加ボタンを押します。
これで固定ページの全てがメニューに追加されました。


menu4

メニューの順番と、親子関係



メニューの順番と、親子関係を調整します。


menu5


メニューの表示順位は図のようにドラッグすることで入れ替えることが出来ます。
メニューの親子関係は親の直下に子を持っていき、一段右側にずらすことで実現できます。
図ではSERVICEという親メニューの下にLINKという子メニューが表示され、SERVICEの右側にContactが表示されます。


menu9


実働しているメニューを確認すると、意図通りになっています。
LINKという子メニューは隠れていて、まだ出てきません。

HOMEの設定



さて、上の図では、ホームページで見慣れた HOME というメニューが含まれていません。
そこで HOME を作ってみます。


menu10


左側のカスタムリンクという部分に、urlとラベルを入力します。
urlはあなたのサイトのドメインをhttpからはじめればokです。
ラベルはメニューに表示される文字です。
日本語で統一しているサイトなどは、HOME ではなくて、 ホーム としても良いでしょう。


それらを入力後に、メニューに追加ボタンを押します。


menu11


追加されたカスタムリンクの HOME がメニューの最下位に出てきました。
HOME はふつうメニューの最左端にあるので、一番上に移動します。


menu13


これでメニューが出来たので、確認してみましょう。


menu15


SERVICEという親メニューの上にポインターをホバーすると、LINKという子メニューがカスケード表示されていることが分かります。


menu16

固定ページの作り方

このページでは固定ページの作り方をご説明いたします。



ダッシュボードの左側メニューで、固定ページ – 新規追加を選びます。

固定ページの新規追加画面

固定ページの新規追加画面



固定ページを編集という画面が出てきます

固定ページの編集画面

固定ページの編集画面



画像中の P-1 P-2 P-3 にご注目。


P-1には、固定ページのタイトルが入ります。
日本語やスペースを入れても問題ありません。ただし全角の英数字やアンパサッドなどは避けたほうが無難です。


P-2には、パーマリンクが入ります。タイトルを日本語にした場合、ここに日本語が含まれることがあります。
パーマリンクはネット上で表示されるurlになりますので、できるだけ半角英数字と半角の-にしましょう。


P-3が、本文入力領域となります。
本文入力領域は、右上に表示されている2つのタブ、ビジュアルとテキストの2通りの表示方法をさせることができます。

ビジュアルタブとテキストタブ


テキストタブでの閲覧

テキストタブでの閲覧



テキストタブで閲覧すると、htmlのソースコードで使われるタグを表示してくれます。
リンクや太字、見出し文字を指定するときに便利です。
また、ビジュアルタブで選択できない部分にカーソルを移動させるときにも便利です。

固定ページの作り方まとめ



ダッシュボードから

  1. 固定ページ – 新規追加
  2. P-1 P-2 P-3 に、必要な事項を入力
  3. ページ右側の公開ボタンを押せば公開されます

固定ページの公開直後

固定ページの公開直後



固定ページの公開直後、ダッシュボードには固定ページを表示するというリンクが出てきます。
ここを押せば、公開状態を確認することが出来ます。

ページを執筆している途中で別件で席を外れる場合には、ページ右上の下書きとして保存ボタンを押せば、公開されずに下書き保存されます。 マシンの調子が悪いとき、瞬間停電がよく起きるとき、プロバイダが不安定なときなどは、頻繁に下書き保存しておくと便利です。