固定ページの作り方

このページでは固定ページの作り方をご説明いたします。



ダッシュボードの左側メニューで、固定ページ – 新規追加を選びます。

固定ページの新規追加画面

固定ページの新規追加画面



固定ページを編集という画面が出てきます

固定ページの編集画面

固定ページの編集画面



画像中の P-1 P-2 P-3 にご注目。


P-1には、固定ページのタイトルが入ります。
日本語やスペースを入れても問題ありません。ただし全角の英数字やアンパサッドなどは避けたほうが無難です。


P-2には、パーマリンクが入ります。タイトルを日本語にした場合、ここに日本語が含まれることがあります。
パーマリンクはネット上で表示されるurlになりますので、できるだけ半角英数字と半角の-にしましょう。


P-3が、本文入力領域となります。
本文入力領域は、右上に表示されている2つのタブ、ビジュアルとテキストの2通りの表示方法をさせることができます。

ビジュアルタブとテキストタブ


テキストタブでの閲覧

テキストタブでの閲覧



テキストタブで閲覧すると、htmlのソースコードで使われるタグを表示してくれます。
リンクや太字、見出し文字を指定するときに便利です。
また、ビジュアルタブで選択できない部分にカーソルを移動させるときにも便利です。

固定ページの作り方まとめ



ダッシュボードから

  1. 固定ページ – 新規追加
  2. P-1 P-2 P-3 に、必要な事項を入力
  3. ページ右側の公開ボタンを押せば公開されます

固定ページの公開直後

固定ページの公開直後



固定ページの公開直後、ダッシュボードには固定ページを表示するというリンクが出てきます。
ここを押せば、公開状態を確認することが出来ます。

ページを執筆している途中で別件で席を外れる場合には、ページ右上の下書きとして保存ボタンを押せば、公開されずに下書き保存されます。 マシンの調子が悪いとき、瞬間停電がよく起きるとき、プロバイダが不安定なときなどは、頻繁に下書き保存しておくと便利です。

ページ削除方法

固定ページと、投稿の削除方法についてご説明いたします。

固定ページの削除

ページ削除方法

ページ削除方法

ダッシュボードの左側にあるメニューの中から固定ページ一覧を出します。

例題として表示されている、サンプルページを削除してみます。

サンプルページと書かれている行の空白部分にポインターを持っていくと、

編集 | クイック編集 | ゴミ箱 | 表示

という新たな選択肢が出てきますので、ゴミ箱を選ぶことで固定ページを削除します。

投稿の削除

how2delete-post

how2delete-post

ダッシュボードの左側にあるメニューの中から投稿ページ一覧を出します。

例題として表示されている、Hello World!を削除してみます。

Hello World!と書かれている行の空白部分にポインターを持っていくと、

編集 | クイック編集 | ゴミ箱 | 表示

という新たな選択肢が出てきますので、ゴミ箱を選ぶことで投稿ページを削除します。