メニューの設定方法

このページでは、wordpressでメニューを作る方法についてご説明いたします。


メニューはカテゴリーと密接に関連していますので、サイトの管理を行われている方は、計画的に構築することを心がけてください。また、複数の管理者が居る場合は、カテゴリーとメニューについての打ち合わせを、定期的に持つことをお勧めいたします。


メニューの設定に失敗しますと、視聴者が二度と来ないサイトになってしまいますので、慎重に管理してください。

メニューの作成方法



menu1


ダッシュボード左側にあるメニューから、
外観 | メニューを選び、メニュー設定画面を出します。


menu2


図のP-1の部分にメニューの名前を半角英数字で入力します。
これが、これから設定するメニューの名前となります。
メニュー名は複数設定できますので、必要に応じてメンテナンスしてください。


メニュー名を入力したら、図のP-2の部分にある青いメニューを保存ボタンを押します。


menu3

メニュー項目の追加



現在はメニュー名は決まりましたが、中身は空なので、メニュー項目を追加していくます。
図のP-1 の部分にある固定ページの全てにチェックを入れてメニューに追加ボタンを押します。
これで固定ページの全てがメニューに追加されました。


menu4

メニューの順番と、親子関係



メニューの順番と、親子関係を調整します。


menu5


メニューの表示順位は図のようにドラッグすることで入れ替えることが出来ます。
メニューの親子関係は親の直下に子を持っていき、一段右側にずらすことで実現できます。
図ではSERVICEという親メニューの下にLINKという子メニューが表示され、SERVICEの右側にContactが表示されます。


menu9


実働しているメニューを確認すると、意図通りになっています。
LINKという子メニューは隠れていて、まだ出てきません。

HOMEの設定



さて、上の図では、ホームページで見慣れた HOME というメニューが含まれていません。
そこで HOME を作ってみます。


menu10


左側のカスタムリンクという部分に、urlとラベルを入力します。
urlはあなたのサイトのドメインをhttpからはじめればokです。
ラベルはメニューに表示される文字です。
日本語で統一しているサイトなどは、HOME ではなくて、 ホーム としても良いでしょう。


それらを入力後に、メニューに追加ボタンを押します。


menu11


追加されたカスタムリンクの HOME がメニューの最下位に出てきました。
HOME はふつうメニューの最左端にあるので、一番上に移動します。


menu13


これでメニューが出来たので、確認してみましょう。


menu15


SERVICEという親メニューの上にポインターをホバーすると、LINKという子メニューがカスケード表示されていることが分かります。


menu16

カテゴリーの追加方法

このページではwordpressにおけるカテゴリーの追加方法をご説明いたします。

カテゴリーとは



カテゴリーとは、多数の投稿を分類するための、文字通り、カテゴリーのことです。


カテゴリーは親子関係を作ることも出来ます。


あなたが生物の分類を投稿する場合、分類学に基づいたカテゴリーを構築するための仕事量は、膨大になります。


幸いカテゴリは管理者が任意に追加することが出来ますので、


動物 | 植物


四足 | 2本足 | 飛ぶやつ


のような単純なものから始めてもかまいません。

カテゴリーの追加方法

カテゴリーの追加方法

カテゴリーの追加方法


カテゴリーの追加方法

カテゴリーの追加方法



ダッシュボード左側のメニューから、
投稿 カテゴリー
を選びます。



現在、設定されているカテゴリーが表示されます。画像はインストール直後なので、未分類のカテゴリーだけが出ています。


新規にカテゴリーを追加するは、画像左側の新規カテゴリーを追加以下の項目を編集して下の新規カテゴリーを追加ボタンを押します。

スラッグ

スラッグ

スラッグ



新規カテゴリーを追加 に並ぶ項目のうち、各項目は漢字を含んでもokですが、スラッグは半角英数字と – が無難です。
スラッグとは、ページを表示するときのurlになるものです。



新規カテゴリー、wordpressの使い方 が追加されました。

カテゴリーのネスティング

カテゴリーのネスティング

カテゴリーのネスティング



親子関係のあるカテゴリーはネスティングすると便利です。


親 四足
Equus | Canis


親 飛ぶやつ
Trochilidae | Accipitridae


のようなネスティングをすることが出来ます。

カテゴリーのネスティング

カテゴリーのネスティング



カテゴリーのネスティングをする場合のポイントは、新規カテゴリーを追加の項目にある、親を既存のカテゴリーに指定するだけです。
まずは親カテゴリーを作ってから、子カテゴリーを作りましょう。


分類が進んでくると、親カテゴリーのさらに上に親を作りたくなる場合もありますが、その操作も簡単に出来ます。
まずは親なしカテゴリーを作り、その子供にしたい既存カテゴリーの親を指定し直すだけです。

子カテゴリーを追加

子カテゴリーを追加



画像では、子カテゴリー wordpressの基本 が親カテゴリー wordpressの使い方 の子供として設定されました。
親を持つカテゴリーは、親カテゴリーの直下に左側にマイナス記号が着いた形式で表示されます。


同様にもう一つ、子カテゴリーを追加してみます。

子カテゴリーを追加

子カテゴリーを追加



必要な項目を書き込んで、親カテゴリーを指定し、青いボタンを押します。



子カテゴリーが2つに増えました。

実際の表示

実際の表示

実際の表示



下の画像にあるように、カテゴリーを追加しただけでは、表示されません。
投稿のカテゴリーを設定して、更新した時点で、カテゴリーが使用されます。


複数カテゴリーを持つ投稿



ワードプレスの良い点は、複数のカテゴリーにまたがる投稿を設置できる点です。


たとえば、先の例で、


四足 | 2本足 | 飛ぶやつ


という、誤った初期設定から分類学をはじめた場合、江戸時代中期の人であれば、ウサギを四足と飛ぶやつのどちらにも所属するものにしてみたいという動機が出てきます。四足は食べてはいけないという領主の命令があるものの、ウサギはピョンピョンと跳躍するので、あれは飛ぶやつだという、実際にあったこじつけですね。


あるいは、まったく別のブログのケースとして、モンスター映画だけれども、パニック映画、しかもホラー要素も含んでいるといった、こまった投稿が出てくる場合も考えられます。


その際にも対応できるように、wordpressでは、投稿が所属するカテゴリーは複数設定をすることが出来ます。


SF映画だけれども、真の演出方法はホラーである2001年宇宙の旅や、アクション映画だけれども、製作者はコメディーにしたかったのかという疑問さえ出てくるダイハード5のようなファジーな投稿は、この複数カテゴリーで対応しましょう。