見出し文字の指定

このページではwordpressで見出し文字を指定する方法をご説明いたします。

wordpressでは、初心者でも執筆しやすいように、あまり複雑なタグは出てきません。

とくにビジュアルタブしか使わないユーザーには、太字とイタリック程度は分かっても、あとは触ったこともないというケースが頻繁にあります。

本ページでは、見出し文字 = htmlでいうところのヘッダータグの使い方をご説明します。

ヘッダーとは

ヘッダーとは、見出し文字をあらわし、その機能は、

  • 視覚的に大きく見やすい文字
  • 文章の内容を一言でまとめた抜粋

という機能があります。


とくに、忙しい昨今では、段落なしの長文は、視聴者からすれば、

「目にしただけで別のサイトに行きます」 (翻訳しますと、「アバヨー」)

という動機をかきたてるだけの最悪のお人払い要素になりますので、適切な見出しと内容の区分は重要な作業になります。

実際の指定方法

見出し文字の指定方法

見出し文字の指定方法




画像中で、
テキストタブを使います。


P-1の部分にご注目。


ヘッダーにしたい部分の左側と右側に、


かっこ h2 かっことじ
かっこ スラッシュ h2 かっことじ


を加えます。(実際のタグとして機能してしまうので、上記は読み方を記述してあります)


見出し文字は h1 から h6くらいまでありますが、 h1が一番大きい大見出しで、以降小さい見出しになっていきます。


具体的な見出しの使用方法はネット上にてご確認ください。

使用上の注意



本文中にはh1タグを使わないほうが無難です。
なぜなら、当該サイトのタイトルがh1タグで記述されているからです。


本文中にはh2以降のタグをネスティングに気をつけながら使用しましょう。


ユーザーが使用しているテーマによっては、見出し文字が必ずしも太字にならない場合がありますが、SEOの観点から適切な指定をしておけば問題ありません。

太字の指定方法

このページではwordpressで太字 = bold文字を指定する方法をご説明いたします。

wordpressでは、インターフェイスを簡素化するために、デフォルトで使うことの出来る文字修飾方法が限られています。


投稿や固定ページの本文編集領域のすぐ上に表示されている B や I そして消し線などがその例で、多くはありません。

太字指定方法


太字指定方法

太字指定方法



太字の指定はビジュアルタブ、テキストタブ、いづれからでも可能です。


文字を太字にするためには、

  1. 画像 P-1 のように、太くするべき文字を、あらかじめセレクトしておきます。
  2. 画像 P-2 のように、bボタンを押します。



これで太字になました。ビジュアルタブで確かめてみましょう。

編集作業が完了しましたら、ページ右上の青い更新ボタンを忘れずに押しましょう。

太字指定後のソースコードとSEO


太字指定後のソースコード

太字指定後のソースコード



太字を指定すると、実際のソースコードは、昔ながらのボールドタグではなく、ストロングタグでくくられていることが分かります。
これはかなり以前に文字を修飾するだけの機能タグはCSSに吸収され、実質的に重要な文言か否かで判断するSEO運動の流れをくんだ選択です。

従いまして、太字の指定は検索エンジン対策を十分検討したほうがベターです。
強調したい文言をやたらめったら太字にしますと、検索エンジンは、「この人、何が言いたいんだろう?」という判断をしてしまい、返って表示順位を下げられてしまうことになりますので、ご注意ください。

同様に、文言の最終部分、読点にあたる。をエクスクラメーションや音符で代替する方法もあまりお勧めできません。